ヘルシーな生活、音楽、映画 etc. 心にうつりゆくよしなしごとを書いていきたいと思います。

  something wonderfulのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > ゲバラ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲバラ

2009 - 02/12 [Thu] - 00:32

月1ペースのこのブログ、もはやブログとは呼べない状態になっているんだけど。
書きたいことは山のようにあるのに、まだ習慣づいてないなあ・・・。

さて、
ここ2週間ほどでちょこっとゲバラ三昧。
ソダーバーグの「チェ」2部作を見た。今日はpart2を。

もともと、ゲバラについて大して知識もなかった。
「モーターサイクル・ダイアリーズ」が深く興味を持ったきっかけかな。この映画はロードムービー調で、南米二人旅の話なんだけど、チェ・ゲバラの革命に参加するに至った心情のきっかけ、核が描かれていてかなり感銘を受けた。ガエル・ガルシア・ベルナールもなかなかピッタリ。
しっかし、ガエルはほんと、とても綺麗な瞳をしているなあ。なんか普段からウルウル水のベールをまとったような眼をしてるしー。魅力的。

さてさて、
今回のソダーバーグの映画は、ドキュメンタリータッチで描かれていて、特にpart2は甘さのない展開。ゲリラの戦闘の日々が描かれているので、大きなドラマ、抑揚があるわけではなく、静かに話は進んでいく。見ている側は(大概の人が)、結末を知っているので重苦しさを感じながら画面を追う。う~ん。ほんとうに重い。
今回、Part1の後に、「モーターサイクル・ダイアリーズ」を再度見てしまった。そして、たまたまやっていた、NHKの「キューバ革命50年後の現実」というドキュメンタリーやネットでの情報で、ある程度、キューバ革命というものの本質を知っていたのだけど、この映画で思ったことは、「実在した人物」を描くというのは、限界があるのだということ。歴史上の人物はある程度、想像・妄想で語られるわけなんだけど、ゲバラは格段に難しい。
それは、監督の力量とか、脚本とか、俳優のせいではなくて(実際、デル・トロはよかったし)、普通の人とは違った眼で世界を見渡していた人物を表現することの難しさを痛烈に感じたな。何を日々考え、何を思い、そして行動に移したか。この映画では心情はほとんど描かれていない。結局のところ、方法論としてドキュメンタリータッチで描かざるを得なかったというところかな。

今日の夜、偶然NHKでやってた「その時、歴史は動いた」~キング牧師~も見たんだけど、やっぱり根本違うなあ。キング牧師はもちろん偉大な人物だし、比べる必要はないんだけど、キング牧師の運動はやっぱり自分の立場ってものがあってこそのこと。当事者なのだ。
ゲバラは、裕福な家庭に生まれ不自由なく暮らし、家族も豊かな暮らしをしていた人だ。そんな彼が搾取される貧しき農民のために、「行動を起こす」というのは、絶対的に何かが違う。グローバルに世界を見ていた彼の最後の地は、「ボリビア」という国だったけど、彼にとってその国名は何の意味も持たなかったのかもしれない。
この映画で中で一番印象的だったのは、捕えられ、兵士と言葉を交じわう場面。
キューバでは、神を信仰しているのか聞いたあと、兵士は問う。
兵士「あなたも神を信じていますか?」
ゲバラ「私は、人間を信じている。」

この場面では、泣きそうになって・・・でも泣くな!泣いちゃいけない!と堪えるのに必死だった。
戦い、闘い続けているゲバラを見ていると、映画というフィルターを通してでも、
闘っていない私なんかが涙を流すことは、この上なく不遜でおこがましい行為に思えたから。


同志カストロはというと・・・ゲバラ以上にどんな人か知識がないんだけど、NHKのドキュメンタリーを見る限り、自分の考えを言葉を使って的確に表現できる人、だった。(それ以上かな)
カストロがアメリカの地におりたった折、ニューヨークの国連前でデモを行う人々(キューバ革命賛成派VS反対派)について聞かれた時、彼はこのように答えていた。
「デモを行う反対派の人をどう思いますか?」
カストロ「彼らには敬意を表する。」
「なぜ?」
カストロ「なぜなら、彼らは行動を起こしているから」
「賛成派の人については?」
カストロ「彼らには、感謝している。キューバ革命を真意を理解し、支援してくれているのだから」

すごいなと思った。↑ちょっと、うら覚えなので、ニュアンスだけど。
急な質問にこのように答えることができるなんて。
確固たる思想をもった人は、なんて揺るぎないんだろう。
この人も普通じゃないな。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://somethingwonderful5.blog75.fc2.com/tb.php/3-8341e543

 | HOME | 

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

プロフィール

miku5

Author:miku5
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。